矯正歯科

大人の矯正について

「歯並びが悪いせいで思い切り笑えない」
「ガタガタで歯みがきがしにくく、むし歯や歯周病にならないか心配」
そんなお悩みはございませんか?

大人になってからでも矯正治療は始められます。
また、複数の治療方法に対応しておりますので、患者様のご希望や状態に合わせた治療設計も可能です。

綺麗な歯並びは全身の健康につながると共に、精神的な部分にも大きく影響します。
加古川市の歯医者くに歯科矯正歯科ではカウンセリングも行っておりますので、歯並びでお悩みの方は、是非一度ご相談ください。

矯正歯科
大人の矯正治療法の種類
ワイヤー矯正
ワイヤー矯正

ブラケットという矯正装置を歯の唇側にくっつけて、歯を望ましい位置に動かします。一般的な矯正治療です。

マウスピース矯正
マウスピース矯正

マウスピース型の透明な装置を用いた治療法です。いつでも取り外し可能で普段通りの食事ができます。

舌側矯正
舌側矯正

歯の裏側に矯正装置をつける治療法です。見た目には矯正を行っていることが分からない治療法です。

ワイヤー矯正

ブラケットという矯正装置を歯の表(唇側)につけ、ワイヤーをとおして歯を動かします。歴史のある治療方法で、幅広くさまざまな症例に対応することができます。
ブラケット・ワイヤーが表側にあるため、お口を開いたときに装置が見える治療方法ですが、加古川市くに歯科矯正歯科では、歯の色に近い目立たないセラミックブラケットをご用意しております。これにより表側からでも他人から気づかれにくい状態で治療を進めることができます。

基本金属のワイヤーを通しており、白いワイヤーをご希望の方はお申し出下さい。

表側の装置はクリッピーCで従来のブラケットよりガタガタの改善が早く、結紮の必要もないので1回の治療時間が短いです。

ワイヤー矯正
メリット
  • どんな症例(歯並び)にも対応できる
  • コストパフォーマンスが高い
デメリット
  • 矯正している事が他人にわかる
  • 歯ブラシがしにくくなるため、むし歯のリスクが高まる

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、「アライナー」という取り外しできるマウスピース型の矯正装置を用いた治療方法です。アライナーは透明で目立たないため、矯正治療を受けていることが気づかれにくい治療方法です。自由に取り外しができるため、歯ブラシなどお口のお手入れがしやすいのも大きなメリットです。

マウスピース矯正では、マウスピース矯正独自の治療計画システムでシミュレーションを算出します。それを基に、各治療段階に合ったアライナー(マウスピース型の矯正装置)を約10日ごとに新しいものに交換し、理想的な歯並びへ整えていきます。
加古川市くに歯科矯正歯科では、シミュレーションに必要な型取りを専用のスキャナーで行い、従来の方法に比べ、治療開始までの患者様の負担を大幅に軽減しておりますので、マウスピース矯正をお考えの方は、是非一度ご相談ください。

マウスピース矯正
メリット
  • 矯正装置が目立たず、治療中であることが気付かれにくい
  • 取り外し可能なので、いつも通り食事や口腔ケアができる
  • 金属を使用しないため金属アレルギーの心配がない
  • 薄いマウスピース型のため違和感が少ない
  • 装置が外れることによるトラブルが起きにくい
デメリット
  • 症例(歯並び)によっては、治療ができない場合もある
  • 咬み合わせの微調整が難しい
当院では3種類の
マウスピースに対応しています

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)

アメリカで製造されているマウスピース型の矯正装置。専用のシミュレーションソフトで3D画像を作製し、治療完了までの緻密な治療計画を立てることができます。

メリット
  • シェア率No.1で臨床データが豊富
  • 治療完了までの正確な治療計画を立てることができる
  • 通院回数が少ない
デメリット
  • 複雑な歯並びには対応できない
  • 費用が高い

ASOアライナー
 

ASOアライナー

日本で製造されているマウスピース型の矯正装置。厚みの違うソフト、ミディアム、ハードの3種類があり、素材を徐々に固くしていくことで歯を動かす痛みを軽減します。

メリット
  • 歯型をとってからマウスピースができるまでが速い
  • 1つのステップに3種類のマウスピースを製作するので痛みがでにくい
デメリット
  • 抜歯が必要な場合はできない
  • 複雑な歯並びには対応できない

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(クリアコレクト)

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(クリアコレクト)

アメリカで開発されたマウスピース型の矯正装置。歯茎に2mmほどかかるくらいのサイズがあり、他のマウスピース矯正に比べて矯正力が強いという特徴があります。

メリット
  • 薄くてフィット感がある
  • 歯を動かす力が強い
デメリット
  • フィット感がとても強いので着け外しがしにくい
  • マウスピースが硬い
  • 対応している歯科医院が少ない

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン及びクリアコレクト)は日本の医薬品医療機器等法上の承認を得ていない未承認医薬品です。以下のことをご理解・ご同意いただいたうえで、治療をさせて頂きます。

1.インビザライン(アライン・テクノロジー社)、クリアコレクト(ストローマン社)の材質については日本国薬機法上の許認可を取得しており、アレルギー等に関する安全性は確保されています。しかし、日本の国家資格を有した歯科医師、歯科技工士が制作していないため、製品それ自体は、薬事法上の医療機器および歯科技工士法上の矯正装置には該当しません。したがって、日本の医療品副作用被害救済制度の対象外となります。

2.インビザラインは米国アライン・テクノロジー社の商標です。インビザライン・アライナーはFDA(アメリカ食品医薬品局)より医療機器として認証を受け、ISO取得の工場で製造されています。インビザライン・ジャパン株式会社より入手します。

3.マウスピース型矯正装置の中には、国内の歯科技工所で製作され薬機法上の承認を得ている矯正装置もあります。当院では、症例に応じて使用する矯正装置を判断しております。

4.インビザライン・システムは、2020年1月現在、世界100カ国以上で800万人を超える患者さまが治療を受けられています。重大な副作用の報告はありません。

舌側矯正(裏側矯正)

矯正装置を歯の裏側(舌側)につけ、ワイヤーをとおして歯を動かす方法が舌側矯正(裏側矯正)です。
歯の裏側にブラケットが付くため、見た目的に矯正をしていることがわからないことが最大の特徴です。また、歯の裏側(舌側)は常に唾液にふれるため、むし歯になりにくいといわれています。

上下顎ともに裏側に装置をつける方法と、上顎は裏側矯正、下顎は表側矯正をするハーフリンガルという方法があります。

舌側矯正(裏側矯正)
メリット
  • 矯正装置が目立たず、治療中であることが気付かれにくい
  • マウスピース矯正のような取り外しが不要
  • マウスピース矯正より適応症例が多い
デメリット
  • 治療費がやや高額
  • 1回の診療時間、トータルの治療期間が表側のワイヤー矯正よりかかりやすい
当院での取扱い

クリッピーL

クリッピーLは、結紮する必要がないブラケット装置です。
そのため、歯を動かす際の摩擦が生じにくく、歯がスムーズに動きやすくなります。また、結紮しないので、他の舌側矯正に比べて清掃性が高く虫歯のリスクを軽減します。ブラケットの厚みが非常に薄いので、装着後の違和感も少ないです。

クリッピーL

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

リスク・副作用の詳細について
OPEN
全てのリスクや副作用が生じるわけではありません。
(出典:公益社団法人 日本矯正歯科学会)
① 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間~1、2週間で慣れることが多いです。
② 歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。
③ 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
④ 治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まりますので、丁寧に磨いたり、フッ化物の使用、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
⑤ 歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。
⑥ ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
⑦ ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
⑧ 治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
⑨ 治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
⑩ 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
⑪ 歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
⑫ 矯正装置を誤飲する可能性があります。
⑬ 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
⑭ 装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
⑮ 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
⑯ あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。
⑰ 加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
⑱ 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

症例案内

矯正治療症例
治療前
治療後
治療前後 治療前後
主訴

前歯のガタガタを治したい

治療内容

表側の矯正装置(マルチブラケット装置)を用いて正常咬合へ

治療費・治療期間

治療費約1,050,000円、治療期間2年0ヶ月
(2ヶ月の装置を外している期間を含む)

リスク・副作用
  • ガタガタの量によっては抜歯が必要です。
  • 痛みを伴うことがあります。
  • 歯ブラシが出来ていないと、虫歯や歯周病になる可能性があります。
  • 汚れが多い場合は自費でクリーニングを受けていただく場合があります。
  • 患者様のご協力が得られない場合、目標のゴールに到達できない場合や治療期間が延びる場合があります。
  • 治療後にリテーナーを使用していただけない場合後戻りすることがあります。

加古川市 くに歯科矯正歯科

TEL:079-420-2340

〒675-0065
兵庫県加古川市加古川町篠原町100-1
ラ・シュエット1F

10:00~13:00/15:00~19:00
△土曜 10:00~13:00/14:30~18:00
【休診日】 水曜日、日曜日

診療予約はこちら